浴室暖房の注意点

写真が飾ってある浴室

冬場の寒さ対策として、浴室暖房を利用するケースが増えている。その浴室暖房の導入においては、いくつかの注意点がある。 まずは、温まるまでのスピードが重要ということがある。浴室暖房で、脱衣場を暖めるものにおいては、部屋を暖めるスピードが遅いと、お風呂に入る前の浴室の暖かさに対して効果が発揮し辛くなる。その為、稼働後素早く暖められるタイプの導入が重要になる。 また、密閉空間への配慮も必要になる。浴室暖房では、通常は狭いスペースでの設置となる。このような場所での暖房にて、石油を用いるものなどを使用する場合には、一酸化炭素中毒への配慮などが重要になる。また、狭い空間に衣類などと置くことになるため、火災などへの配慮へも注意が必要になる。

浴室暖房を利用することへのメリットには、いくつかのことがある。まずは、ヒートショックの防止がある。浴室とお風呂の中の温度差の激しさにより、ヒートショックで倒れるケースが増えている。特に高齢者などでは、ヒートショックに陥るケースも増えている。その為、浴室を暖め、お風呂の中との温度差を縮めることで、これらの事故防止へ繋げることが可能になる。 また、寒さの軽減がある。特に冬場では、脱衣場で服を脱ぐ際に、寒さが気になるケースがある。このような場合に、浴室暖房を設置することで、これらを解消することができる。 また、最近では乾燥機機能を持ったタイプの浴室暖房も増えており、冬場の洗濯物の乾き辛さへの対策としても利用できる。