設置する場所

日本のお風呂

浴室暖房とは、浴室内を温めることのできる暖房器具です。浴室暖房は、多くの場合は天井埋め込み式になっているので、本体は天井の内部にあります。そのため浴室の空間を圧迫することがありませんし、シャワーなどで水を撒き散らしたとしても、本体が濡れて故障することはないのです。 天井埋め込み式ですから、設置するには本体の購入費用と天井の工事費用とがかかります。個人宅の一般的な大きさの浴室に設置する場合、本体の購入費用は3〜5万円が平均となっています。そして設置工事の費用も、同じく3〜5万円が平均なので、トータルで6〜10万円ほどの費用がかかるわけです。本体を購入したショップに設置工事もおこなってもらう場合、セット料金として何割か安くなることが多いです。

寒い冬は、衣服を脱いで浴室に入ると、寒さで震えてしまうという人が多くいます。それによって風邪をひいたり肺炎になってしまう人も少なくありませんし、中には心臓の発作を起こしてしまう人もいます。しかし浴室暖房を設置しておくと、入浴前に浴室を温めておくことができます。浴室での寒さによる健康面での被害を防ぐことができるのです。そのため浴室暖房は、寒さの影響を受けやすい高齢者から、特に高い需要があります。 また、浴室暖房があると、浴室内で洗濯物を乾かすことができるようになります。仕事などで忙しく、日中に洗濯することが難しいという人にとっては、夜中でも洗濯物をカラッと乾かすことのできる浴室暖房は、非常に便利と言えます。 高齢者や共働きをする夫婦が増えているため、浴室暖房の需要は今後一層高まることが予想されています。