冬を快適に乗り越える住宅環境【入浴後の冷えを解消】

設置する場所

日本のお風呂

浴室暖房機は、一般的な大きさの浴室に設置する場合、本体の購入と設置工事とで6〜10万円の費用がかかります。設置しておくと、浴室内での寒さによる健康面での被害が防がれますし、浴室で洗濯物を乾かすこともできるようになります。

Read more

設置する設備

風呂桶と蛇口

浴室暖房は、多くの新築の物件についている機能です。また、家のリフォームを考えている人にとっても、検討項目の一つでしょう。浴室暖房には、ガス式と電気式がありますが、どちらのほうが費用が安いのでしょうか。結論をいうと、ガス式のほうがお得に使用できるそうです。例えば、浴室を一定の温度に暖房するのに必要な時間と費用や、洗濯物を乾燥させるのに必要な時間と費用を比較すると、いずれもガス式が優れています。電気式の数分の一の時間と費用しかかかりません。冬場などは、数分で浴室があたたまるので、ガス式を選べば、快適に入浴することができます。また、血圧の急上昇によるヒートショックを防止できるので、高齢者や高血圧の人のいる家庭では、つけるのが好ましいのです。

浴室暖房を新たにとりつける場合、平均的な価格はどれぐらいでしょうか。乾燥機能もついた浴室暖房乾燥機は、6万円ぐらいからあります。工事費用などを含めると、合計10万程度はかかるようです。価格は、どの機能をつけるか、電気式とガス式とどちらにするかによって異なってきます。乾燥以外の機能として、冷風も出る機能があります。夏の暑い時でも、快適に入浴できます。他に、蒸気が出て、ミストサウナを楽しめる機能もあります。各家庭の用途に応じて、必要な機能を検討する必要があります。乾燥機能で、洗濯物も浴室で乾燥させることもできます。衣類乾燥機と比較すると、しわになりにくいというメリットがあり、花粉症の人も重宝するそうです。

価格の相場

シャワーを浴びる女性

浴室暖房機は、乾燥機能もついていると、6万円以上が相場です。乾燥の他に冷風やミスとなど、様々な機能があり、ガス式か電気式かによっても価格が変わってきますので、自分の目的に合った機能や機種を選択する必要があります。

Read more

浴室暖房の注意点

写真が飾ってある浴室

浴室暖房の注意点はあたたまるスピードがあります。常に温めるわけにはいかないので、入る前に温めておく必要があります。そのためすぐに入ることは出来ず、ワンテンポ置くことが必要になります。

Read more

オススメリンク

  • 風呂ふた満足館

    風呂ふたはお湯の温度を保つために必要です。機能性の高いアイテムをお探しなら、こちらにご注目ください。